ドイツ 近代 長編小説

ドイツ近代長編小説
ドイツ語で長編小説にあたる語が「ロマン」で、時代思潮をあらわす「ロマン主義」と言語的に密接な関係をもっています。18世紀末にはじまったドイツ文学のロマン主義は、いかなる法則にも束縛されず、いっさいの制約を嫌う近代的な文学です。

初期のロマン主義文学の先導者たちにとって、長編小説はもはや特定のジャンルを表す概念ではなく、文学全体に及ぶ理論の基礎となっていました。ロマンは詩的、あるいは叙事的です。ロマンが過去の歴史を舞台にしているときは、その時代の真実を細部に至るまで描く必要はなく、一種の詩の世界を描くのが目的なのです。

へーゲルは「ロマンは市民社会の叙事詩である」といっています。また、神をはじめとする超自然的存在などに創造的な出来事によって展開され、社会の価値・規範を主題とする神話などは、いっさいの制約を拒否し、すべてのもを既成の秩序と固定観念から解放しようとするロマン主義者にとっていかにもふさわしい表現方法でした。 2015/10/13書
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
にほんブログ村

これは楽しそう♩
クリスマスに間に合わなかったから、息子の誕生日に注文しようかと!



このブログのドメインはこちらで取得しました。
お安いです!オススメ。
独自ドメインがあればGoogleアドセンスに申請できます。
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
 


こちらもこのブログでお世話になっているレンタルサーバー。
Word pressの管理画面が落ちちゃったとき、ロリポップの管理画面で無事に修正できました。
良かった〜。。゚(゚´Д`゚)゚。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です