ドイツテレビ番組で日本の紹介

先日YouTubeを見てたら、興味深い動画が目につきました。

ドイツ人レポーターが日本(東京かな👀)での旅行を紹介してたという。

クレイジーなマスク(健康のためだけではなく、歯並びの悪さを隠すため)に驚き、クレイジーなコスプレに驚き、クレイジーな最小ホテル(カプセルホテル)に驚き、クレイジーなポルノビデオに驚き、クレイジーな猫カフェ(なんだと!?←猫好き💢)に驚き、奇妙なハイテクトイレに驚くという、いちいち「クレイジー」、「奇妙」という余計な発言多数。

最終的には「日本人はクレイジーだけど、親切だった」

だと。

「ウォーリーを探せ」の彼みたいな顔しやがって。

ってこの感じ。

このコバカにされたこの感じ。

前に一度あったな、と思ったら、ドイツで一番仲の良かった8才年下の友人を思い出した。

彼女は日本が大好きだった。んが、日本人について、私が「え?」と思うことが気に入っていた。

これは悪気はなかったと思う。多分。

「日本人って胴が長くて脚がショートじゃない? 超クール!」

「みんな日本人の目は、地面が裂けたみたいな目見たいっていうけど私はクールだと思う」

とかなんとか。

ちなみに「cool」はドイツ語では「geil (ガイル)」若者言葉←私もギリ入ってる。

なんかさー。

モヤモヤ。

んで、彼女がお気に入りのビデオ(当時はビデオテープだったさ)を見せてくれたのだけど、それは若者向けドイツテレビ番組の日本についてのドキュメンタリーだった。

東京新宿歌舞伎町の夜。

電車内でアダルト雑誌を読むサラリーマン。

エロ漫画。

ポルノビデオ。

パチンコ屋。

などなど。

そこをメインに取り上げる?というところばっかり。

つかドイツ人、欲求不満なの? もっと日本が誇る古都、京都に行ったら?って思った。私の町には大須商店街と名古屋城しかない。www

ドイツメディアがどういうつもりでこのような動画を撮影したのかは解らないど、かかってこい、コノヤロウ💢\\\٩(๑`^´๑)۶////

Juki、オコオコです。(ぷっ、また若者ぶって!|( ̄3 ̄)|)

・・・・・なんて。(^O^☆♪

20代そこそこの娘だったときは、↑のようにオコオコしてましたが。

50手前になったオバさんはもう慣れっこです。

そもそもドイツの海外を紹介する番組は、日本についてだけでなくだいたいこんなように小馬鹿にしたような作りだと思う。

しかもそれらは殆どレポーター(チャラそうな)を使ったみたいなやつ。取り上げるのは裏社会系の習慣や風景。

それに対して、ナレーター(良い声)だけを使った作りのドキュメンタリーは真面目系。取り上げるのは伝統的な習慣や風景。

日本で例えると、京都のような美しい古都や、東京のような発展した都会、大阪のような元気で美味しい街。

はっきり言ってそんなのはもう世界中でも知られてるんじゃないか?

でも大人が読む漫画やアニメ(欧米では子供が見るもの)の習慣やパチンコ店などは少なくともドイツには無かった。

自国に無い文化、さらにそれが奇妙なものだったら、そりゃ題材にするでしょう。

だって面白いもん。

「ウエー、日本人って本当クレイジー」

ってなるでしょう。

視聴率上がるでしょ。ん?ドイツも視聴率あるのか?

ならいいじゃん。

少なくとも嘘は言ってない。そんな日本も我々の日本。

ポルノやパチンコやカプセルホテルは実際に日本にあって、発展してきた文化の一つだ。

それに番組の内容が同じでも、20年前と明らかに違うことがある。

それはネット配信されているということ。

配信されれば、それなりにコメントがつく。

そのコメントの殆どが日本人以外の海外の人で、日本を擁護してくれているということ。

「自分からコスプレ会場に出向いていて、クレイジーとか言うな!」

とか、

「日本は人口の割に土地が少なくて、ペットが買えず猫カフェとかに癒しを求めてるんだよ!」

とか、

「ドイツ人こんなドキュメンタリーばっかりでウザイ!」

挙げ句の果てには、

「日本の悪口言うな!」

おいおい、どうした外国人。

私が現役バリバリ留学生だった頃と偉く反応が違うじゃないか。

私、ミュンヘンの大通りで通りすがりに、みかんの皮の汁を顔にかけられたよ?

もちろん、すぐにホコ天追いかけ回してやったけど。(脚には自信あり)

ドイツ人の知り合いに、

「私のお父さん侍で、お兄ちゃん忍者なんだよね。お母さんは芸者」

って言ったら、

「Echt? Ach, soooooooo geil! (マジか!すげークール!)」

って反応があって、逆にこっちが

「マジカー、ドイツ人すげー!( ̄▽ ̄;)」って思ったもん。

当時の日本と今日本の地位とは雲底の差だ。

当時私が職業訓練を受けていた幼稚園の子どもたちは日本がどこにあるか知らなかった。

Axel    「何でJukiは鼻がないの?」

私  「君にはこの鼻が見えないのかね(鼻はあるわ💢)」

Ajete  「Jukiの鼻は小さいだけよ、ちゃんとあるよ!」

Tobias「そうだよ、ちゃんと見えるよ!(Jukiの鼻)」

私  「オイ、オマエラ…(日本語)」

……………。

子どもたち、笑ってなかったから悪気はなかったと思う。

とにかく、欧米での日本の認識度や高感度は確実に上がってきてるということです。

私は留学当時から自分が日本人で特したな、と思えることが結構ありました。

そのお話はまた今度。

外国の日本を扱うドキュメンタリーで少々イラッとしたときは、

「悔しかったら子どもたちだけで登下校させてみろ。できるか?あなたたちの国で?ん?ʅ(◞‿◟)ʃ ドヤ」

って言ってやってください。

Juki

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

Amazonヘビーユーザーな私。

iPadを置く台買いました。

パソコンも置けるので結構しっかりとした作り。

特に色が可愛いので気に入ってます❤️

昔は茶色とか黒とかばっかり揃えてたけど、ばぁさんになってきて赤やらピンクやらが好きになってきた私。

これは楽しそう♩
クリスマスに間に合わなかったから、息子の誕生日に注文しようかと!



このブログのドメインはこちらで取得しました。
お安いです!オススメ。
独自ドメインがあればGoogleアドセンスに申請できます。
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
 


こちらもこのブログでお世話になっているレンタルサーバー。
Word pressの管理画面が落ちちゃったとき、ロリポップの管理画面で無事に修正できました。
良かった〜。。゚(゚´Д`゚)゚。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です